IC-208D 修理 430の出力が低い (2)

posted in: 車載機 | 0

前回に引き続き、またもやIC-208D
今回も430の出力が低いとのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

メモには下記の記載が

144 ok
430 34Wぐらい
マイク端子

 

 

 

 

 

 

さっそく430のパワーチェック

33Wぐらいですね~
周波数もズレてる

 

 

 

 

 

 

144は48Wで良いんじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

分解

 

 

 

 

 

 

 

 

マイク端子腐食してますね

 

 

 

 

 

 

 

 

交換しました

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、取り外したファイナル
前回と同じでS-AU82L

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書いた様にS-AU82ALを付けると
出力低下過電流となる

が!
LPF&整合回路を弄る前提で使ってみたいと思います

 

 

 

 

 

 

実装~組み立て

 

 

 

 

 

 

 

 

出力チェック
新品のファイナルなんだけど、やっぱり出力弱い

出力は41W

 

 

 

 

 

 

この時の消費電流も11A越え

不良のファイナルよりは効率良いけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

しばらくするとプロテクションがかかる

やっぱりダメですね

 

 

 

 

 

 

430のLPF&整合回路はこの辺り

コレが元の状態

 

 

 

 

 

 

 

 

変更しました

定数は
C190 7pF
L23 22nH
ファイナル出力-GND間 1pF

 

 

 

 

 

コレだけで出力上昇

出力は51W

 

 

 

 

 

 

 

電流も10A台でok

 

 

 

 

 

 

 

 

ココから調整ですが今回はソフトから調整モードに入ってみましょう
Go Adjust Modeをぽちっと

手間を考えると前回のマイク端子に22kΩをつないでが楽

 

 

 

同じように調整モード入りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々調整して~

430の出力や周波数もこの通り

 

 

 

 

 

 

 

完成

 

 

 

 

 

 

 

 

交換した部品たち

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です