DR-620DV 修理 電源入らない

posted in: 車載機 | 0

144/430MHz 20W機

特定のロット(技適番号 002KN498,499,575,576)はメーカリコールが掛かってて高値でメーカが買い取ってくれる

https://www.alinco.co.jp/information/detail.html?bbsId=B20130426001&y=2013

残念ながらこの個体は対象外

今回の故障は電源が入らないとの事
電源をつないでもウンともスンとも・・・

 

 

 

さっそく分解して中を見る

特に黒焦げになっている様な場所はありませんが

 

 

 

 

 

 

 

フタに嫌な痕跡発見
水が内部に侵入したような跡がある

 

 

 

 

 

 

 

その付近の基板をよく見ると何だか白い跡

水かかりによる腐食でしょうかね

 

 

 

 

 

 

 

基板をめくってみると見事に腐食

 

 

 

 

 

 

 

 

洗浄しました

当然、コレだけで直るはずもなく
白く変色していた個所にある部品をひとつづつ確認

部品は死んでいない様子

どうも5Vの電源ラインが内層で切れている様だ

 

 

 

 

何度確認しても切れていたのが基板の内層だったのでジャンパー処理

 

 

 

 

 

 

 

 

電源入る様になりました
早速、筐体に戻します

 

 

 

 

 

 

 

F押しながら電源ONでリセット

 

 

 

 

 

 

 

 

送信テスト

144で23W

 

 

 

 

 

 

 

430で22W

イイ感じですね

 

 

 

 

 

 

 

144の受信感度が・・・

-5dBuV(12dB SINAD)でかなり悪い

 

 

 

 

 

 

 

調整モードに入って調整

 

 

 

 

 

 

 

 

-16dBuVに改善(定格通り)

 

 

 

 

 

 

 

 

周波数も-130Hzほど低い

FMだから気にするレベルじゃないけど
分解したついでで調整

 

 

 

 

 

 

ほとんど意味なし

自己満足です

これで完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です